1. HOME
  2. ブログ
  3. 【奇跡のお米・神宝米復興プロジェクト2022】#8 田んぼへの水入れ、いよいよ田植えまであと1ヶ月となりました

【奇跡のお米・神宝米復興プロジェクト2022】#8 田んぼへの水入れ、いよいよ田植えまであと1ヶ月となりました

ヒーローズクラブ・豈プロジェクトでは、日本人の生活の根幹をなす農業を復興するため、品種改良のされていない完全無農薬の古代米「神宝米(かむたからまい)」の栽培に取り組んでいます。

有機JAS規格を満たしているお米は、日本には0.08%しかないと言われています。さらにその中でも神宝米は、残留農薬検査の220成分の分析対象、全てにおいて不検出とされた唯一の完全無農薬の奇跡のお米なのです。

今回は6月の田植えに向けて、田んぼに水入れをした様子をお届けします。


■ヒーローズクラブ 愛和食品株式会社 村上伊織

これまで田んぼを耕したり、石を拾ったり、畦道を作ったりと沢山の作業をしてきました。田んぼに水入れをすることとなり、準備万端でいよいよという気持ちで胸が高ぶりました。
水路から田んぼに繋がっている入水口を開放していく作業です。入水口を少し開けば少しずつ、大きく開けば大量の水が田んぼに入っていきます。良い土壌をつくるための入水口の調整は本当に難しく、挑戦しては失敗しての繰り返しでした。杉山社長には根気強くレクチャーをいただき、こうやって農家さんが美味しいお米を作る為に毎日に田んぼの水管理をしていると思うと感謝の気持ちでいっぱいです。

田植えに向けて、土壌づくりもラストスパート。苗もぐんぐん育っています。たくさんの方に神宝米を知っていただき、応援いただけるよう、これからもひとつひとつ丁寧に取り組んでいきます。

ぜひ、応援よろしくお願い致します!


■ヒーローズクラブ 株式会社山崎文栄堂 課長 伊藤平

今週は3日間農業に入らせて頂き、苗拡げ・種蒔き・代かき機械のオイル交換・田んぼの水入れなど様々な体験をしました。
今回初めて行った水入れは、これから大切な仕事になっていきます。水門を開け水路に水が通り、水路から田んぼに繋がる入水口を開け、田んぼに水をためていきました。今後、理想の水管理が出来るように、入水口の開く高さを調整していきます。田んぼによって、大きさや土の性質も違い、気候の条件なども水の溜まり具合に影響があるそうです。理想の水管理が出来るように経験を積んでいきたいです。
また水入れした田んぼを見ていると、シラサギやアオサギなど生き物が集まっている様子を見ることができました。お米作りに携わっていると都心ではなかなか見ることの無い生き物を見る機会も多く、自然を感じる嬉しさがあります。

田植えに向けて代かきなど新しい仕事も始まっていきます。美味しい安心安全なお米が届けられるよう、一つ一つの仕事を大切に取り組んでいきます。ありがとうございました。


今回もお読みいただき、ありがとうございました。

完全無農薬、化学肥料を一切使用しない、日本古来のお米「神宝米」や、神宝米でつくった「醤油麹」「甘酒」が、豈プロジェクトオンラインショップからご購入頂けます。
https://yamatoec.world-u.com/nogyo

☆有機もち米「照迦(しょうか)」も発売になりました!☆

もち米は赤飯やおこわはもちろん、普段の白米に少し混ぜるだけで、絶品のモチモチごはんになります。ぜひ農業の応援にも参加頂けましたら嬉しいです。
https://yamatoec.world-u.com/product/syoka

転換期間中JASマークとは?

有機もち米「照迦」は化学肥料も農薬も使用しない有機栽培で愛情をこめて作られています。
有機JAS認証を受けるには3年以上無農薬(化学合成農薬無使用)、無化学肥料(有機質肥料)を継続した圃場で栽培することが必要条件のため、この間は完全無農薬栽培でも、表記は転換期間中JASマークとなっております。有機農業を広げるためにも、ぜひ応援とご理解をお願い致します。

#神宝米 #半農半X #有機米 #杉山農場 #田植え  #豈プロジェクト #やまとプロジェクト

関連記事