1. HOME
  2. ブログ
  3. 【奇跡のお米・神宝米復興プロジェクト2022】#15 豊かな土壌で、苗がすくすくと育っています

【奇跡のお米・神宝米復興プロジェクト2022】#15 豊かな土壌で、苗がすくすくと育っています

ヒーローズクラブ・豈プロジェクトでは、日本人の生活の根幹をなす農業を復興するため、品種改良のされていない完全無農薬の古代米「神宝米(かむたからまい)」の栽培に取り組んでいます。

有機JAS規格を満たしているお米は、日本には0.08%しかないと言われています。さらにその中でも神宝米は、残留農薬検査の220成分の分析対象、全てにおいて不検出とされた唯一の完全無農薬でつくられた奇跡のお米なのです。

ヒーローズクラブの仲間と共に行った御田植祭。御田植祭を通して感じたこと、そしてこれからに向けての農業メンバーの想いをお届けいたします。


■ヒーローズクラブ 株式会社山崎文栄堂 代表取締役社長 山崎登

先日は、ヒーローズクラブの仲間たちが参加しての御田植祭をありがとうございました。
半農半Xに取り組むようになって初めて学んだのですが、稲の栽培方法には種類があります。直播(ちょくは)栽培とは、水田に直接種をまいていく栽培方法で、低コスト低人件費の栽培です。それに対し、私たちが杉山さんと取り組んでいるのが、育てた苗を水田に植える移植栽培です。
そして今年チャレンジしているのが、有機ポット成苗です。この有機ポット成苗田植えもいよいよ大詰めで、チームプレーが大事です。手間と愛情は三倍かかります。トロトロになった土の田んぼには、土壌が良くないと生息しないイチョウキゴケ、タニシ、イトミミズや他の生き物たちも本当に元気に生きています。ポットの苗は本当に力強く、困難にも打ち勝てるようしっかりと立って、気持ちよく風に揺れています。
この愛すべき苗が稲穂に成長する姿、安心安全な奇跡の古代米として、たくさんのみなさんにお届けできますように。楽しみに、待っていてください。

 


■ヒーローズクラブ 株式会社メディアラボ 部長 小林英司

先日は、待ちに待った御田植祭をありがとうございました。
そこに苗が植わっていく姿をみているとき、私は生きている大地に新しい生命が誕生したような気持ちになりました。爽やかな風が吹き、水面が美しく揺れる中に苗が力強く立つ姿、地球の生命力を感じます。このような素敵な大自然から出来たお米をいただくことで、私たちは活動することができ、世の中に貢献する仕事ができるようになります。
半農半Xの活動を通じて、農作業の一つ一つがとても手間がかかることを知りました。それなのに、お米の買取値は下がり続けていて、農家さんが継続して生産していくことが難しくなっています。
日本に数多く存在する私たちのような中小企業が、日本の農業の状況を知り、農業の復興に向けて立ち上がる時だと心から思います。誰かにこの声が届き、ひとりまたひとりと、一緒に活動してくれる方や応援してくれる仲間が現れていくことを願い、引き続き想いを込めて活動していきます。
ありがとうございました。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

完全無農薬、化学肥料を一切使用しない、日本古来のお米「神宝米」や、神宝米でつくった「醤油麹」「甘酒」が、豈プロジェクトオンラインショップからご購入頂けます。
https://yamatoec.world-u.com/nogyo

☆有機もち米「照迦(しょうか)」も発売中です!☆

もち米は赤飯やおこわはもちろん、普段の白米に少し混ぜるだけで、絶品のモチモチごはんになります。ぜひ農業の応援にも参加頂けましたら嬉しいです。
https://yamatoec.world-u.com/product/syoka

転換期間中JASマークとは?

有機もち米「照迦」は化学肥料も農薬も使用しない有機栽培で愛情をこめて作られています。
有機JAS認証を受けるには3年以上無農薬(化学合成農薬無使用)、無化学肥料(有機質肥料)を継続した圃場で栽培することが必要条件のため、この間は完全無農薬栽培でも、表記は転換期間中JASマークとなっております。有機農業を広げるためにも、ぜひ応援とご理解をお願い致します。

#神宝米 #半農半X #有機米 #杉山農場 #田植え  #豈プロジェクト #やまとプロジェクト

関連記事