1. HOME
  2. ブログ
  3. 【奇跡のお米・神宝米復興プロジェクト2022】#16 ひとつひとつを活かし合い、循環の中で育つ神宝米

【奇跡のお米・神宝米復興プロジェクト2022】#16 ひとつひとつを活かし合い、循環の中で育つ神宝米

ヒーローズクラブ・豈プロジェクトでは、日本人の生活の根幹をなす農業を復興するため、品種改良のされていない完全無農薬の古代米「神宝米(かむたからまい)」の栽培に取り組んでいます。

有機JAS規格を満たしているお米は、日本には0.08%しかないと言われています。さらにその中でも神宝米は、残留農薬検査の220成分の分析対象、全てにおいて不検出とされた唯一の完全無農薬でつくられた奇跡のお米なのです。

田植えが終わり、これからは稲を育てていく作業です。化学肥料や薬品を一切つかわない神宝米をどのように育てているのか、メンバーの声をお届けします。


■ヒーローズクラブ 愛和食品株式会社 村上伊織

季節があっという間に流れ神宝米の田植えが全て終了しました。今回は田んぼに生えている雑草を抑える為の抑草資材を散布しました。この材料の中身は大豆と炭で化学肥料を一切使用していないものになります。神宝米は人工物は一切使用しておりませんので、もちろん、雑草を抑えるのも天然の物を使用します。

改めて私達、ヒーローズクラブが作っているお米は素晴らしいものなんだと感じる作業となりました。「全て自然の物で循環させて最高のお米を作る!そのお手伝いを私達がさせていただく。」この気持ちを決して忘れる事なくこれからも農業を頑張っていきます!引き続き、熱いご声援をよろしくお願いします!


■ヒーローズクラブ 株式会社山崎文栄堂 伊藤平

杉山農場様での今年の田植えが終わり、今回は田んぼ内の雑草の抑草作業を行いました。

除草剤を使用しない、自然の力を活用した抑草技術が発達していることに驚きました。1つ1つの生物の性質を知り、上手く組み合わせになっていくように、私たち人間が知恵を使い、体を動かして手助けしていくことが大切だと感じました。

ひとつひとつ活かしあって循環して育った農作物を頂けることは、改めて有難いと感じた1日でした。ありがとうございました。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

完全無農薬、化学肥料を一切使用しない、日本古来のお米「神宝米」や、神宝米でつくった「醤油麹」「甘酒」が、豈プロジェクトオンラインショップからご購入頂けます。
https://yamatoec.world-u.com/nogyo

☆有機もち米「照迦(しょうか)」も発売中です!☆

もち米は赤飯やおこわはもちろん、普段の白米に少し混ぜるだけで、絶品のモチモチごはんになります。ぜひ農業の応援にも参加頂けましたら嬉しいです。
https://yamatoec.world-u.com/product/syoka

転換期間中JASマークとは?

有機もち米「照迦」は化学肥料も農薬も使用しない有機栽培で愛情をこめて作られています。
有機JAS認証を受けるには3年以上無農薬(化学合成農薬無使用)、無化学肥料(有機質肥料)を継続した圃場で栽培することが必要条件のため、この間は完全無農薬栽培でも、表記は転換期間中JASマークとなっております。有機農業を広げるためにも、ぜひ応援とご理解をお願い致します。

#神宝米 #半農半X #有機米 #杉山農場 #田植え  #豈プロジェクト #やまとプロジェクト

関連記事