1. HOME
  2. ブログ
  3. 【奇跡のお米 神宝米】大自然への感謝と豊作・農業復興の祈りを込めて、御田植祭を開催しました

【奇跡のお米 神宝米】大自然への感謝と豊作・農業復興の祈りを込めて、御田植祭を開催しました

ヒーローズクラブ×志高い農家さんで取り組む農業復興プロジェクト。
ヒーローズクラブ・豈プロジェクトでは、日本人の生活の根幹をなす農業を復興するため、「神宝米(かむたからまい)」の有機栽培に取り組んでいます。
6月14日、栃木県塩谷町にあるすぎやま農場さんと御田植祭を開催しました。

有機農法の田んぼは経験のない心地良い感触でした

田んぼの前に祭壇を用意し、宮司さんに祝詞を奏上して頂き、秋の収穫に向けた決意を込めみんなで神宝米の苗を植えました。

田植え自体が人生初だったのですが、裸足で田んぼに入ったときの感覚も新鮮でした。
杉山さんが『普通の田んぼと有機農法の田んぼの土の感触は違う』と仰る通り、とても滑らかで経験のない心地良い感触でした。

普段、お米や食材を買う際にはすでに袋に入ってたり、包装されているのが当たり前だったので気づけていませんでしたが、手に渡るまでにたくさんの時間と手間暇、農家さんの思いが込められてるということに気づかされました。

また、自然環境や生き物たちのことも考え、活かしながら作り上げていく考え方も素敵で、実際に田んぼにはカエルや虫たちが生き生きと集まってきてるように感じました。

新しい体験、経験を通じて自分自身の興味関心の幅がさらに広がるきっかけにもなったので気になったことから調べたり本を読んでみたいと思います。
貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。

株式会社フィールドプロテクト 菅野裕貴

優しさや強さを感じる田んぼは、人間にとっても心地よい空間

栃木県塩谷町で神宝米の御田植祭に参加をさせていただきました。
田植えまでに生産者の杉山さんが愛情を込めて苗づくりや圃場づくりをしてくださっていて、
今年も圃場に到着した時には、美しさに感動しました。
周囲からは虫の鳴き声や鳥のさえずりが聞こえ、田んぼの中を見てみるとカエル、ドジョウ、タガメ、アメンボなどたくさんの生き物が気持ちよさそうに暮らしていました。優しさや強さを感じる田んぼで、人間にとっても心地よい空間でした。

御田植祭は毎年開催していて4年連続の参加となりました。
毎年こうやって神事に参加させていただくことで、自然や農家さんのありがたさを感じ、
この日本の素晴らしいお米や自然を、たくさんの人たちへ伝えていきたいという気持ちも強くなりました。

2021年から間近で農家さんが愛情を込めて挑戦する姿を見て、自然を感じて、本物の美味しいお米を食べて、神宝米のことを誇りに思います。
この日本の素晴らしさが詰まった神宝米が立派に育ち、秋にはたくさんの方々に届くこと、そして日本農業が復興する祈りを込めさせていただきました。
ありがとうございます。

株式会社山崎文栄堂 伊藤平

神宝米の新米収穫は、今年も10月~11月の予定です。お手元に届くまでどうか楽しみにしていて下さい。これからも応援、よろしくお願いいたします!

https://yamato.world-u.com/kamtakaramaipj/

関連記事